50代の仕事探し情報|転職・再就職ガイド

*

面接前にしておきたい面接対策

   

面接前にしておきたい面接対策

 面接前には、転職できるように面接対策をしておくのが普通です。よっぽど自信がある人でも予期せぬ質問をされて答えられないケースもあります。ましてや50代での転職活動ともなると相当厳しいことが予想されますので、少しでも練習しておいたほうが良いでしょう。少なからず50代で応募して面接してもらえるということは、採用されるチャンスがあるということです。

 まず企業は50代に対して何を求めているかを把握しましょう。そのためにも求人情報をもう一度見直します。そこから求めている人材を考え、それを自己アピールすることが大事なのです。当然ながら面接時には、入社したら何ができますかといった質問をされます。そのため、企業の求めている内容となるような答えを用意しておくのです。

 自分が何ができるのか、自分が入社することで企業にどういった貢献ができるのかを伝えるのです。ただ、良い答えを用意するためには、自分についてしっかりと把握している必要があります。いくら自分のアピールをしようとしても、自己分析ができていないとできません。50代ともなれば色々な経験を積んできていますので、それらを全てなにかに書いてみると良いでしょう。

 その中で、応募先の企業と関係性のある内容だけを絞り、それを答えられるレベルにしておいてください。その内容は長すぎず短いすぎずの文章が良いです。面接官にもよりますが、人は大抵長い話には飽きてしまいます。そのため、要点をしっかりとまとめて伝えられるようにしておきましょう。

 また、応募先企業の業務内容やその他について調べておくことが大切です。例えば初対面の人との会話では、共通する話題などがあると盛り上がるケースがありますが、面接でも同じことが言えます。会社について知っていれば共通の話題にもなりますので、会話がしやすくなります。

 また、人のことを好きになるとその人のことを知りたいと思うのが当然です。それと同じで、企業に対して好きならば色々な情報を集めていると思うのが普通なのです。そのために、面接官は色々と把握しているだろうと思っていますので、もし会社について質問されてもすぐに答えられるようにしておきましょう。

 - 面接対策

  関連記事

kz0010009032l
面接で好印象を与えよう!

企業が面接で見ることとは?  50代の転職活動となると厳しく、最初から半分諦めて …

逆質問について考えよう

逆質問の活用方法とは  逆質問が出るということは、面接が終盤に差し掛かっていると …

af9920069091l
面接で失敗しがちな言動

面接で失敗しがちな言動  面接では応募者の言動1つ1つを面接官はチェックしていま …

面接でNGとされること

時間についてのNG行動  50代が希望の転職を叶えるためには、経済的にも精神的に …

面接マナーについて考えよう

身だしなみと立ち居振る舞いのマナー  50代であっても、面接には失礼のない身だし …