50代の仕事探し情報|転職・再就職ガイド

*

面接で好印象を与えよう!

   

企業が面接で見ることとは?

 50代の転職活動となると厳しく、最初から半分諦めて望んでいる人もいますが、諦めることはありません。少なからず50代でも就職できている人はたくさんいますし、企業も募集している時もあります。そのため、面接でのポイントを抑えていくことで、成功する可能性は高くなるのです。

 企業は50代に対してはフレッシュさは求めていませんが、笑顔や大きな声といった部分は当たり前に求めています。50代だから挨拶は小さくても良いといった社風としている会社はほとんどないでしょう。逆に年齢を重ねるととともにこういった当たり前のことを出来なくなっている方も多いのです。そのため、面接では笑顔と大きな声は再度意識して臨みましょう。

 また、50代に対しては柔軟性や謙虚さを見ています。今までの職場で働くのだれば、ある程度慣れている会社ですので問題ないかもしれませんが、新しい会社での仕事となると、今までの関係性はなく一からのスタートとなるために、謙虚な姿勢で仕事に取り組まなくてはいけないのです。こういった周囲との関係を作れるかどうかを会社は大切にしています。

好印象を与える方法とは?

 面接ではいかに面接官に好印象を持ってもらえるかが大切です。そのためには色々な要素が必要となりますが、まずは自然な笑顔です。皆さんは笑顔を作れと言われれば作れると思いますが、自然な笑顔を作るのは意外と難しいのです。そのため、面接の時だけ意識するのではなく、日頃から笑顔の練習をしておくことで、面接官に与える印象をよくすることができます。

 また、面接時のアピールとして能力や経験なども大切ですが、それよりも50代で大切なのは、一から始める覚悟があるということをアピールすることです。もし採用となったらこれまでの経緯や経験などを考慮して職や地位を与えますが、いきなりトップになることはもちろんありません。そのため、もしかしたら年下の上司とも仕事をすることになります。

 これまでのプライドを捨ててまで仕事に取り組めるという覚悟を面接官に伝えることで、良い印象となる可能性が高いのです。50代での転職は大変ですが、こういったことを踏まえて面接に臨むのが良いです。

 - 面接対策

  関連記事

kz0010009034l
面接前にしておきたい面接対策

面接前にしておきたい面接対策  面接前には、転職できるように面接対策をしておくの …

面接でNGとされること

時間についてのNG行動  50代が希望の転職を叶えるためには、経済的にも精神的に …

面接マナーについて考えよう

身だしなみと立ち居振る舞いのマナー  50代であっても、面接には失礼のない身だし …

逆質問について考えよう

逆質問の活用方法とは  逆質問が出るということは、面接が終盤に差し掛かっていると …

af9920069091l
面接で失敗しがちな言動

面接で失敗しがちな言動  面接では応募者の言動1つ1つを面接官はチェックしていま …