50代の仕事探し情報|転職・再就職ガイド

*

面接で失敗しがちな言動

   

面接で失敗しがちな言動

 面接では応募者の言動1つ1つを面接官はチェックしています。もちろん内容も重要ですが、ちょっとした気の緩みなどで不合格となることもあるのです。例えば口癖で「とりあえず」をよく使っているとします。とりあえずという言葉は何にでも使ってしまえるため、面接でもうっかり言ってしまうと、それだけで面接官に与える印象は悪くなってしまいます。こういった普段何気なく使っている口癖というのは、面接では危険な言葉となる可能性がありますので、注意しましょう。

「面接での危険な言葉」
・まぁ
・なんか
・~と思います
・えっ

 上記の言葉を使ったからといって、絶対に不合格になる、印象が悪くなるというわけではありませんが、危険であることには間違いありません。これらは全て曖昧な表現をするときや、意思が弱い時、自信がないときなどに使います。特に~と思いますといった表現をする際には「~と考えます」といった具合にしたほうが印象は良いでしょう。

 また、自分の能力をアピールするときには「○○できると思います」と言う人がいますが、こんな回りくどい言い方よりも「○○できます」とはっきり力強く、アピールするのがおすすめです。

 また、面接では色々な質問をされますが、その中でもほぼ間違いなくこれまでの職歴についての質問があります。「なぜ退職したのか、なぜ転職しようと思ったのか」です。そんな時にうっかりと答えてしまいがちなのが、前職での不満です。

 例えば「給与が安い、労働時間が長い、休みがない」など、働いていれば誰でも少なからず色々な不満があるでしょう。しかし、それをそのまま面接官に伝えてしまってはマイナスな印象しか残りません。もちろん事実としてあったとしても、それをそのまま伝えるのはよくありません。もしそれを伝えるのであれば、その状況に対して改善する行為をしてきたが、それでもダメだったために転職を考えたといった具合にすると良いでしょう。

 もし前職の悪口を言っているだけだと、面接官は入社しても不満などが出てきたら良い方向にはいかないだろうと思ってしまいます。ポイントしては、自分の言動によって面接官が納得する、もしくは同情するようであれば、問題はありません。

 - 面接対策

  関連記事

面接マナーについて考えよう

身だしなみと立ち居振る舞いのマナー  50代であっても、面接には失礼のない身だし …

面接でNGとされること

時間についてのNG行動  50代が希望の転職を叶えるためには、経済的にも精神的に …

kz0010009034l
面接前にしておきたい面接対策

面接前にしておきたい面接対策  面接前には、転職できるように面接対策をしておくの …

逆質問について考えよう

逆質問の活用方法とは  逆質問が出るということは、面接が終盤に差し掛かっていると …

kz0010009032l
面接で好印象を与えよう!

企業が面接で見ることとは?  50代の転職活動となると厳しく、最初から半分諦めて …