50代の仕事探し情報|転職・再就職ガイド

*

退社に関わる手続き

   

退社が決まったら進める手続き

 円満退職するためには、自分の都合だけでなく、会社のことも考えて、早めに直属の上司に退社の意向を伝え、退社日を確定することが先決です。そして、会社で退社がオープンになる前から、さまざまな手続きを、いつまでにどう済ませるのかを、考えておく必要があります。

 仕事の引き継ぎはもちろんですが、社宅からの転居、社内預金の解約、社員持ち株の処分、経費や社内融資の清算、団体割引が適用されている生命保険や傷害保険の切り替え手続きなど、事務手続きも多岐にわたります。

 また、退社から転職先への入社までに期間がある場合、健康保険や年金、住民税の清算などの準備も必要です。いつまでに何をしなければならないのか、リスト化して、確実に終わらせましょう。

退社日に必要な手続き

 退社日の事務手続きとしては、年金手帳と雇用保険保険者証を受けとり、源泉徴収票と必要があれば離職票の送付時期を送付先を確認することがあります。そして、会社から貸与された備品や経費で購入したもの、業務上得た名刺や成果物など、返却すべきものをすべて返します。

 会社に返却しなければならないものは、細かくたくさんありますので、これもリストアップして、確実に返却できるようにしておきましょう。

【関連記事】
入社に関わる手続き
入社前にチェックすべきポイント

 - 退職・入社に関すること

  関連記事

入社に関わる手続き

内定時に必要な手続き  内定連絡が郵送やメールだった場合、「労働契約書」が添付さ …

入社前にチェックすべきポイント

自分の条件をリストアップしておく  50代での転職は、これが最後という覚悟を持っ …