50代の仕事探し情報|転職・再就職ガイド

*

転職サイトの活用で情報源を増やす

   

1.求人サイトの特徴

 50代が仕事を探すときに一つの情報源に頼っていると、なかなか応募できる求人が見つからないという厳しい壁にぶつかります。この厳しい現状を打開するためには、少しでも沢山のアンテナを張ることをお勧めします。その一つが求人サイトです。

 求人サイトを利用しても、費用が掛かることはありません。求人募集を出す企業が費用を負担しているので、求職者はすべて無料で利用できるのです。

 Web上の求人サイトには、全国から沢山の求人が集まってきます。あなたの希望する地域外の求人や、これまで経験のない業界や業種も含め、広範囲で求人をチェックできるので活用してください。


2.求人サイトの活用術

 一口に求人サイトと言っても、ピンからキリまで数多くあります。取り扱っている求人もそれぞれ違いがあるので、取りこぼしを作らないためにも3ヶ所を目標に求人サイトに登録しておきましょう。人気の求人サイトは「リクナビNEXT」「マイナビ転職」「リクルートエージェント」などです。

 あまり登録しすぎて情報過多になるのも問題なので、求人サイトを選ぶときは、まずは50代でも応募可能な求人があるか?をチェックしましょう。その次にこれまでのキャリアに沿った求人があるか?お住まいの地域の求人が集まっているか?なども参考にしましょう。

 柔軟に仕事探しをしたいと考えるのなら、登録した求人サイトの中でいろいろな求人情報をくまなく見てみることをお勧めします。ご自分では思いもしなかった業種・職種に応募が可能かもしれません。「自分の専門はコレ」という気持ちも大切にしながら決めつけず、臨機応変に考えるのが転職を成功させるコツです。

 求人情報の閲覧だけでなく、積極的に動きたい方は「スカウトサービス」などを活用するといいでしょう。匿名でご自分の職歴や能力をアピールして、興味を持ってくれた企業側から声をかけてもらうシステムです。ご自分の希望していた業界以外からのスカウトが届くこともありますが、それも参考に方向性を考える機会と捉えてください。

 仕事探しはタイミングとも言われているので、焦らずじっくり求人を待つという姿勢も大切です。それと同時に新着求人が出たら確実にチェックするようにしましょう。

 - 求人探し

  関連記事

転職サイトのスカウト機能とは

転職サイトのスカウト機能とは  転職サイトのスカウト機能とは、自分の経歴をサイト …

MS251_enshinbun500
ハローワークや求人誌・新聞の特徴と活用術

ハローワークや求人誌・新聞の特徴 ・ハローワーク・・・ハローワークには近所の求人 …

no image
人材紹介会社の特徴

人材紹介会社の特徴  人材紹介会社、または人材紹介エージェントとは民官の職業斡旋 …

求人情報媒体の違いとは

求人情報媒体それぞれの得意分野  転職市場でさまざまな求人情報媒体が林立している …

転職エージェントとは

転職エージェントのサポート内容とは  転職エージェントに登録すると、まずキャリア …