50代の仕事探し情報|転職・再就職ガイド

*

転職に役立つ5つの手順とは

 実際に取り組んでみないと、転職の厳しさや難しさというのは実感できないのかもしれません。ということで、転職活動に入る前にその厳しさや難しさと同時に、どう対処することで困難を乗り切りやすくなるかを知っておいた方がいいでしょう。

転職の厳しさをすり抜けるための準備を

 50歳は、特に厳しく難しい転職。しかし、それは準備の成熟度によって変わってきます。転職の流れを知り、自分自身の社会人人生を振り返り、自分の市場的価値を熟知することを徹底すれば、厳しさや難しさをすり抜けることも可能なのです。

【参考記事】
転職活動に計画が必要な理由
市場価値がなぜ大事なのか
転職のタイミングとは
50代の転職にかかる期間の目安
体調管理をしないとどうなってしまうのか|体調管理の基本とともに考えてみましょう

転職を現実的に考えられるような求人情報を集めよう

 求人情報と向き合っている時にも、転職の厳しさ・難しさと直面します。応募可能な求人情報が少ないことに気が付くでしょう。しかし、最も考えなければならないのは「応募可能かどうか」ではなく、「採用されるかどうか」です。50歳は後者に重点を置くことで、転職が現実的に考えられるようになると思います。

【参考記事】
求人情報媒体の違いとは
転職エージェントとは
転職サイトのスカウト機能とは

面接に繋がる応募書類を書くこと

 せっかく誇れる能力を持っていても、それを応募書類に書き出せなければ意味がない転職。仕事に関する能力も大事ですが、それを表現できる文章能力や整理能力をまずは身に付けた方がいいのかもしれません。全ては面接へと繋げるための作業です。

【参考記事】
履歴書の書き方と注意点
職務経歴書の書き方と注意点
応募書類の送り方の注意点

50歳が面接の試練を乗り越えるための意識

 面接で落とされてしまう50歳はとても多く、ここで転職の本当の試練を体験することになります。企業が求めるのは単なる能力ではなく、「50歳の人材に持っておいて欲しい能力」。企業に足りない、且つその年齢が有すべき能力を面接で伝えられるようにしておくことです。

【参考記事】
面接マナーについて考えよう
逆質問について考えよう
面接でNGとされること

意識次第で変わる退職状況

 厳しさや難しさは、意外なところでも感じることになるでしょう。退職です。「もっと簡単に辞められると思った」と思うことにならないよう、気を引き締めて準備をし、退職活動に入るようにしてください。意識次第で状況はいくらでも変わってくるものです。

【参考記事】
退社に関わる手続き
入社に関わる手続き
入社前にチェックすべきポイント

公開日:
最終更新日:2015/12/15