50代の仕事探し情報|転職・再就職ガイド

*

入社前にチェックすべきポイント

   

自分の条件をリストアップしておく

 50代での転職は、これが最後という覚悟を持って進めるべきです。だからこそ、入社して後悔することがないよう、自分が企業を選ぶという意識を持つことが大事です。

 定年の引き上げを考慮して、長く働き続けようと考えたとき、重要なのは給与の額や福利厚生だけではないはずです。自分が仕事に励むために、どんな職場が望ましいのかを、じっくり考えておくべきです。

 自分が働き心地がよいと感じる職場や仕事環境の条件を、まずリストアップしてみてください。そのすべてを満たすのは難しくても、譲れない条件を見極め、ジャッジすることで、入社後のミスマッチは防げるはずです。

企業と自分の相性を確かめておく

 面接は自分が選考される場であると同時に、自分と企業の相性を自分の目で確かめるチャンスでもあります。逆質問などを活用して、職場の雰囲気や企業風土をリサーチしたり、すれ違う社員の表情や職場の活気を観察することで、自分がそこで働くことがイメージできるかを確認することができるはずです。

 50代での転職は、自分スタイルを一時的に封印し、職場に慣れる努力も必要ですし、現職よりも魅力的な職場でなければ意味がありません。後悔のない選択のためにも、リサーチを徹底しましょう。

【関連記事】
退社に関わる手続き
入社に関わる手続き

 - 退職・入社に関すること

  関連記事

退社に関わる手続き

退社が決まったら進める手続き  円満退職するためには、自分の都合だけでなく、会社 …

入社に関わる手続き

内定時に必要な手続き  内定連絡が郵送やメールだった場合、「労働契約書」が添付さ …