50代の仕事探し情報|転職・再就職ガイド

*

諦めない!50代からの仕事探し

リクナビNEXT
nextsam
詳細
★★★★★
幅広い年齢層をカバーしている転職サイト。

<大事なのは意識改革>

 50代で仕事探しを始めるということは簡単なことではありません。人員削減によるリストラ、会社との方針の違いによる自己退職など退職の理由は様々でしょうが、仕事探しに困難を極めているのは同じではないでしょうか。まず、今までと同じ給料や雇用形態の仕事はほぼ見つからないと思いましょう。これまでに管理職を経験し、部署をまとめマネジメントしてきた経験のある人は肩書きやプライドを捨て、自分にできる仕事ならどんなことでもがむしゃらにやる覚悟を決めてください。その覚悟があれば仕事探しもスムーズに進めることができるはずです。

<人脈をフル活用する>

 50代の仕事探しで何を利用して情報を収集するか。ハローワーク、新聞の求人欄や就職情報誌などを利用する人が50代では多いですが、縁故関係で就職する人も多いようです。知人や親戚などの紹介であれば、短期間で高確率で就職できる可能性が高く、精神的・金銭的負担も少なくすみます。知人や親戚は無理でも、50代という年齢からこれまでの長いキャリアを考えれば、培ってきた人脈もあるはずです。一度整理して人脈をフル活用し、縁故就職の可能性を探してみるのも1つの方法です。

<意外と知られていない転職エージェント>

 50代では仕事探しにインターネットを利用する人はそれほど多くはないようですが、情報量が豊富な上に様々なメリットがあることをご存知ですか?人材紹介会社が運営する転職エージェントに登録すると様々なサポートが受けられます。大手のところでは「リクルートエージェント」「マイナビエージェント」などがあります。登録すると専任のキャリアコンサルタントとの面談があり、自分のこれまでの職務経験や希望する就職の条件などから、コンサルタントが的確な企業を探してくれます。また、職務経歴書の書き方や面接の指導をしてくれたり、企業側との面接日の取り決め、年収交渉なども全て行ってくれます。

★ここがポイント!
・専任のコンサルタントが転職のためのサポートをしてくれる
・非公開の案件も多数あり、求人数が豊富
・企業との間に入り交渉も行ってくれる

 50代での仕事探しは思うように進まないこともあるかもしれません。しかし仕事探しの方法はこのように色々あります。この年代で見つかるわけがない、と諦めたりせずに強い意欲を持って、ぜひ希望する仕事を見つけてください。

公開日:
最終更新日:2015/04/17